フェラでの舐め方・吸い方基本を学ぼう/Hガール

上手なフェラは自分自身のためにもなる!彼と私、ふたりが満足できるフェラの舐め方・吸い方の基本を学びましょう。

Hガール−男が喜ぶエッチテク・セリフ講座 サイトマップ

フェラでの舐め方・吸い方基本を学ぼう

フェラはアソコを口に入れて出したり入れたりすればいいんでしょ?・・・いえいえ!それはあくまでも動きなだけで、実際はそれとセットになる動きがたくさんあるんです。今回は最低限知っておきたい、フェラの基本の舐め方・吸い方を学びましょう♪

上手なフェラは自分も濡れてくる!

彼のために仕方なく・・・やってと頼まれるから・・・そんな風に嫌々フェラをやっている女性って多いと思います。でもフェラはやり方によっては、女性自身も濡れてきてしまうような現象が起きるんです!

フェラだけでなく愛撫は、相手のためにやってあげることですよね。自分には直接的な快感はないですし。でもそれだけじゃなくて、自分を盛り上げる「演出」にもなってるんです。フェラをしながら自分も感じるってことは、やってる自分に酔っている状態ともいえます。

嫌々フェラをやってたら、やらされてる自分に情けなさや辛さしか感じません。でもフェラしているときにいやらしい舐め方をしたり吐息を漏らしたりしていれば、その声や姿に男性も思わずグッときます。

男性が反応してくれたら女性も更にやる気が出て、雰囲気がいやらしくなって濡れてくる・・・という好循環になるんですね。

同じようにフェラをしたとしても、女性がフェラに対して知識を持とう、彼を気持ちよくしたい!と思う気持ちがあるかないかで、彼の満足度はもちろん自分自身がフェラを好きになれるか嫌いなままかも変わってくるのです。

オトナ女子は見てる♪ちょっとHなコラム

だめんずのアラフォー女子、こっそり不倫中の人妻さん、男の本音に詳しい元風俗嬢など、バラエティに富んだコラムニストが大集結!夜のお暇つぶしにどうぞ♪

ひとりでこっそり読みましょ♪↓

オトナclub〜男女のエッチな本音コラム〜

フェラでの責め方の流れを知ろう

フェラをする場面になって、すぐに口にすっぽりいれてしまう女性って結構いるんですよね。だけどそうすると最初から口やアゴがキツくなり無理をしてしまうので、女性にとっても「フェラはキツイもの」「早くやめたい」とマイナスなものになってしまいます。

男性はフェラをできるだけ長くやってもらいたいですし、いきなり口にすっぽりのメインディッシュがくると感動も少ないです。

上手にフェラができる人は、ペニスを一つの棒じゃなくて部分部分で分けて考えて責めています。先端の亀頭、亀頭の裏側であるカリや裏筋、そして竿という風にです。

まずは亀頭だけをチロチロ舐めたりすっぽり口で包んでみたりして、しばらくしたらカリに舌の先端を這わせます。カリから数センチ下までは裏筋が通っているので、カリと裏筋を強すぎないくらいの力でなぞります。

先端の責めが十分に済んだら、いよいよ竿までまとめて口に入れましょう。彼からすれば、いよいよ待ちに待った本格的なフェラ!という感じでいつもより敏感になっているはずです。思わず「あぁっ」と声を出してしまう男性も・・・

男性は女性ほどセックス中声を出さないので、分かりやすい反応があると苦痛だったフェラも少しずつ好きになれるかも。

バキュームフェラなど吸うフェラのやり方

フェラにはいくつか刺激の種類があって、一つは亀頭やカリだけを狙って焦らすフェラ、竿まで口に入れて上下に動かすスタンダードなフェラ、そして口で吸って刺激するバキュームフェラです。

バキュームフェラって強い感じがしますよね。吸い取る!みたいな。確かにバキュームフェラは強く吸うフェラのことで、主にフェラの終わりのほうで使われるテクニックです。

膣の中はペニスを入れたとき少し真空状態に近くなり、抜くときに抵抗感を感じます。それを口で再現するってことですね。

バキュームはそのまま射精させることもできるくらいですが、早い段階で使ってしまうと痛みに変わってしまいます。なのでまだ序盤のうちは、強いバキュームではなく吸う力を抑えた小バキュームでいきましょう。

カリ責めや竿フェラの後くらいのタイミングで、口を引くときに少し吸いながら先端までスライドしていきます。バキュームを連続で行うよりも、普通に舐める、吸う、を適度にバラしてやったほうがランダムな刺激を与えられて効果的です。

実はフェラをしないとフル勃起じゃない?

フェラをする前って、男性はすでに勃起してることがほとんどじゃないでしょうか。でもあれ、まだまだ柔らかい方なんだって知ってましたか?フェラをすると、まだ硬くなるの?と驚くくらい更に硬さと大きさが増すんですよ。

フェラは快感を与える、硬くする、濡らす、という挿入の前準備でもあります。ペニスはより硬いほうが刺激に敏感になり、同じことをされても数倍気持ちよく感じるのだとか!

挿入されたとき彼の色っぽい表情や吐息を漏らす姿を見たかったら、ただ勃起させるだけでなくギンギンに硬くするところまで行うのが正解です。

亀頭、カリ、裏筋、竿という4つのポイントを意識して責め方を変えると、自然と焦らしが生まれます。焦らしはフェラを激しく行うよりもよっぽど効果があります。なぜなら、男子のアソコ事情は精神的な影響が大きいから!

単に強く刺激を与えればいいわけではなく、フェラを楽しそうにやってくれる彼女の姿やなかなか全部を咥えてくれないもどかしさがあって、初めて大興奮してガチガチになるんですね。

フェラをしなくても、嫌々やっても勃起するのはするでしょう。だけどその硬さはまだ7割くらいで、フェラをしてようやく10割の域に達することができるのです。