女性からのキスの種類と使い分け方/Hガール

彼にされるがままのキスを脱却!女性からキスするときのキスの種類と使い分け方を学びましょう。

Hガール−男が喜ぶエッチテク・セリフ講座 サイトマップ

女性からのキスの種類と使い分け方

キスは男性からしてもらうもの・・・そういうイメージありますよね。女性からキスをするなんて恥ずかしい!という照れ屋さんも多いでしょう。でもちゃんと女性らしいキスができれば、男性は喜んでくれるんですよ。

ついばむように!バードキスでキス初め

キスの種類は大きく分けると、ソフトキスとディープキスの2つがあります。もちろん、最初のほうに使うのは「ソフトキス」です。

キスの基本は、唇を閉じた状態で押し付けるプレッシャーキス。これもソフトキスの一つです。その基本のプレッシャーキスよりももっと軽いのが、今回説明する「バードキス」です。

バードキスとは、鳥がチュンチュンとついばんだり鳴くような軽いキスのこと。口づけしたら一瞬で離れるので、プレッシャーキスよりも恥ずかしさが少ないと思います。バードキスは唇だけでなく、ほっぺたにするのも可愛いですよ。

彼の隣に座っているときにほっぺにキス、彼を呼んで振り向いた瞬間に唇にキス。あなたが滅多にキスをしない女性であればあるほど、バードキスされたときの彼は気分が最高潮になるでしょう。その後は彼に火がついて彼からキスの雨が降ってくるかもしれません。

キスし慣れていない女性は、まずバードキスだけ頑張ってみて下さい。いやらしすぎないキスなので、全然エッチな雰囲気じゃないときでもできますから。

女性からディープキスってどうなの?

女性からのソフトキスは、どんなに下手でも恥じらいや可愛らしさなどプラスで受け取られることが多いですが、一方で濃厚なディープキスはどうなんでしょうか?

女性がディープキスをする場面って、彼からのキスに応える形か、自分からソフトキス〜ディープキスまでリードする形のどちらかですよね。これは、できれば「彼からのキスに応える」ほうのディープキスだけにしてほいたほうが良いと思います。

男性はエロイ女が好きという割に、女からグイグイ来られると引いてしまうところがあります。ワガママですけどね。キスはその現象が起こりやすい行為の一つで、男性がその気じゃないときにベロベロされると気持ち悪さが勝ってしまうようです。

女性も、その気じゃないときに顔持たれてベロベロされたら「ちょっと、歯磨きしたの?」ってなりますよね。男だってたまにするじゃん!と理不尽に思うけれど、彼に引かれないためにはディープキスは彼からのアプローチがあってからにしましょう。

あ、でもセックス中は例外ですよ。お互いにその気になっていますから、女性からキスをせがんだりディープキスをしても全く引かれません。

オトナ女子は見てる♪ちょっとHなコラム

だめんずのアラフォー女子、こっそり不倫中の人妻さん、男の本音に詳しい元風俗嬢など、バラエティに富んだコラムニストが大集結!夜のお暇つぶしにどうぞ♪

ひとりでこっそり読みましょ♪↓

オトナclub〜男女のエッチな本音コラム〜

女性からのキス、適切な頻度は?

キスが好きな女性、もしくはキスはそうでもないけど彼に常に振り向いてもらいたい!という可愛い女性はたくさんいるでしょう。キスは心身ともに健康に良いと言われていて、しないよりも定期的にした方がいいというデータもあります。

しかし、彼からしてこないのに彼女から毎日頻繁にキスをすると、飽きられてしまうパターンも。キスをたくさんすることが悪いことなのではなく、彼との回数差や温度差が大きすぎると、恋愛的には逆効果になってしまうかもしれないってこと。

女性からのキスで大事なのは「珍しさ」「目新しさ」

女性は毎日キスされると愛されてる♪と安心しますが、男性はその安心感や慣れがアダになります。男性には狩猟本能があり、来るものではなく逃げていくものを追いかける性質を持っています。女性が毎日キスしに来てくれると、追いかける楽しみがなくなり、最悪重たいと思われたり飽きられたりして浮気に繋がることも・・・。

ソフトキスを毎日1回まで、いやもう少し少なくても良いくらいです。スキンシップをたくさん行いたいなら、キスではなく共通の趣味や話題を持つなど自然に振り向かせましょう♪